ここが気になる!賃貸オフィスを選ぶときのチェックポイントあれこれ


どんな街?交通のアクセスは?

賃貸オフィス物件を探す際、まず決めなければならないのが、どの街にオフィスを構えるか、ということではないでしょうか。便利なオフィス街や繁華街など、賑やかで人通りが多い場所にするのか、または住宅街の近くなど、静かで落ち着いて仕事ができる環境を求めるのか…選択肢は様々です。

お目当ての街が決まって物件を検討する段階でチェックしておきたいのが通勤の便、つまり交通アクセスです。電車の乗り換えや、最寄の駅から徒歩何分くらいかかるかなどがポイントになります。駅から近いほうが便利なのは言うまでもありませんね。

建物や設備関係はどうか?部屋の中はどうなっている?

目ぼしい物件が見つかったら、設備関係や部屋の中をチェックしていきます。まず建物については、耐震基準を満たしているかどうか。特に古い建物の場合は確認が必要です。エントランスの雰囲気はどうでしょうか。オフィスへの表玄関となり、お客様を最初に迎える場所ですので、見た目や広さなどをチェックしておくと良いでしょう。設備関係では、エレベーターがあるかどうか、また重要なのはセキュリティ面です。多くの物件は機械警備を導入しているようですが、大きな建物だと有人警備で監視カメラが設置されている場合もあり、より安心感が大きそうです。空調が個別かセントラルか、トイレは男女共用か男女別かも気になるポイントです。

部屋については、まず広さが使用する人数に合っているかどうかが第一ですが、間取りもなるべくシンプルな長方形などの方がオフィスのレイアウトがつくりやすくて便利ですので、その点も見ておいた方が良さそうです。あとは窓の向きや数、大きさもチェックしておきたいポイントです。日当たりの良し悪しはオフィスの雰囲気を左右しますし、せっかくなら明るい環境の中で気持ちよく仕事をしたいですよね。また、インターネット環境がどうなっているかも重要です。ほとんどの賃貸オフィスは光ファイバーなどのインターネットに対応しているようですが、OAフロアが完備されていれば、配線などしやすくなりますのでより便利です。

周辺の利便性は?付近の街との位置関係は?

オフィス物件の周りの利便性はどうでしょうか。毎日通う場所ですから、必ずチェックしておきたいところです。まず飲食店が豊富にあるかどうかは重要です。ランチの選択肢がたくさんあったほうが良いですよね。コンビニが近くにあるとより便利です。その他、利用する機会の多い銀行や郵便局、いざというときの病院などの場所も確認しておくべきでしょう。また、特に住宅街などにオフィスを構える場合は、付近の市街地等へのアクセスについてもチェックしておいた方が良さそうです。

中央区は首都東京の真ん中に位置し、東京駅や日本橋といったオフィス街などが立ち並ぶ繁華街を擁しています。近年は高まる防災の観点から中央区で賃貸オフィスの再開発が加速するため増加していくものと思われます。