長期的に考えよう!注文住宅を建てるときのコツ


資金計画は何よりも大切

注文住宅を建てようと考えたときには長期的に考えた計画を立てるのが重要になります。何を計画したら良いのかと悩んでしまうのももっともなことですが、何よりも大切なのは資金計画を立てることです。数千万円の出費になるのは注文住宅の場合には必至で、本当に高額になる場合には総額でみると一億円を超えることすらあります。土地の手配から始めるときにはそのくらい高額出費になる可能性も高くなるため、通常は全て現金で支払うのは困難です。住宅ローンを組んで注文住宅を建てた後、何十年という単位でローンの返済をしていくことになります。

住宅ローンの借り入れをするときには審査を受けて、いくらまで借りられるか、毎月の返済額としてどの程度まで適切かを吟味することになるのが基本です。早い段階で金融機関に相談をして仮審査を受けるようにしましょう。その結果として出てきた借入上限額や毎月の返済額について理解し、今の生活の状況から考えてそのくらい毎月の出費があっても大丈夫かを慎重に考えてみるのが大切です。注文住宅を建てた結果として生活水準が低下してしまって苦しくなったというのではあまりメリットがありません。資金計画を現実の生活と照らし合わせながら考えるようにしましょう。

可変性を考慮した住宅をデザインしよう

長期的に考える必要があるのは住宅ローンに関わる資金計画だけではありません。注文住宅の設計についても十分に長期的な視野を持つことが重要になります。注文住宅を建てたら老後までずっと住むのが一般的なので、数年後や数十年後も考慮して住みやすい住宅をデザインすることが大切です。ただ、若いうちからバリアフリーを重視した住宅に住む必要はないでしょう。また、これから子供が生まれるかどうかわからないという時点で子供部屋を十分に確保しておくことも必須ではありません。大切なのは可変性を重視した住宅を設計しておくことです。

将来的に子供が生まれたり、独り立ちしていったりしたときには部屋を増やしたり減らしたりしたいと考えるでしょう。老後に向けてバリアフリーにしたいという希望が生まれることもあります。その際に可変性が高い住宅にしておくことでリフォームをしやすくなるのです。いつも住みやすい住宅にできるようにするには可変性を重視して設計するようにしましょう。柱の位置や配管などによって可変性の高さは大きく左右されます。プロと相談しながら将来的にあり得るリフォームを考え、適切な工事を行えるようにデザインするのが大切です。

愛知の注文住宅のメリットは何といってもこだわりを反映できる自由度です。四季の変化が明瞭な愛知という土地で理想的なわが家を手に入れられます。