建ててから後悔したくない人必見!注文住宅の選び方!


間取りはどうやって決める?

新築などで家を建てる際に、まずメーカーや工務店との打ち合わせの中で決める内容として間取りがあります。家を建ててからこうすれば良かったと後悔しないためしっかりと考えて決めるようにしましょう。間取りを決める際のポイントは、たくさんの住宅の情報を得るということです。家族や知人の家にいったときにどのような間取りになっているか参考にすると良いでしょう。しかし、家を訪れてすべての部屋を確認することは難しいため住宅展示場などへ行き、確認する方法がおすすめです。

住宅展示場では、複数のメーカーが敷地に併設して建てられているため一度に多くの情報を得ることができます。間取りを決める際は、休日などを利用しながら足を運んで情報収集するように心がけましょう。

収納はどのくらいあればいい?

家を建てたとき、収納スペースはどのくらいあればいいのでしょうか?収納スペースは、ライフスタイルや趣味などによって大きく変わってきますので自身にあったサイズを検討しましょう。生活していく中で、あると便利な収納としてパンドリースペースがあります。パンドリーは、キッチン付近に設置してあることが多くキッチン周りで納めきれないものを入れることができます。キッチン洗剤や調味料など安売りなどで買い置きして保管しておきたい人などにおすすめです。

また、子供のおもちゃや本、衣服など物置などない保管場所がない場合は、ウォークインクローゼットなどの収納がおすすめです。おしゃれが好きで衣類が多い人はもちろんのこと1つの空間に多くのものを収納できるため、家を建てる際スペースを確保できるのであれば検討してもいいかもしれません。

家事動線は女性目線を忘れずに!!

家を建てた場合、毎日同じ繰り返しの作業があるため家事動線をしっかり考えておくとストレスなく生活することができます。家事については、女性が行っていることが多く女性目線で家事動線を考えることがポイントです。家事をする際に、キッチンで料理を作りますがその後お風呂を入れたり、洗濯をしたりと日常的な反復作業があります。キッチン、洗濯スペース、お風呂の場所が家を建てた際に離れていると移動するのに時間がかかり、家事に余計な時間がかかってしまいます。

そのため、キッチンから近いところに洗濯スペースやお風呂などを設置することによりストレスなく毎日快適に生活できます。毎日快適に過ごせれば夫婦円満にも繋がっていきますので住宅を建てる前にしっかりと考えておくことをおすすめします。

埼玉の注文住宅探しは、ハウスメーカーや総合住宅サイトなどが運営する、相談会で一緒に探してもらうのも一つの手です。