どこに建築を依頼する?注文住宅のハウスメーカーの選び方


安易に選んでは失敗してしまうかも

人生の中でもトップクラスで大きな買い物のひとつである住宅には、建売住宅と注文住宅の二つに分けることができます。すでに建てられた住宅が建売住宅で、注文住宅はどのような家にするかを自分で設計することができる住宅のことです。この注文住宅を経てる際に、ハウスメーカーを適当に選んでしまっては後悔することになります。こだわりたい部分が希望通りの設計にならないこともあれば、知り合いの業者に依頼して関係を壊したくないことから遠慮が入り結局満足いく家づくりができなかったといった事態になりかねません。安易に選んでしまうことは避け、しっかりと選ぶことが重要です。

理想の家の優先順位を考える

注文住宅の建築を依頼する業者を探す前に、まずどのような家が理想なのかを考える必要があります。注文住宅にかける費用に上限はありませんが、すべての人が費用に糸目をつけないというわけではありません。どの部分にこだわりを持って設計して家を建てるのかを、将来も含めて家族で話し合っていくことが必要です。そしてこだわりや理想を知ることができたのならば、その優先順位をつけなければなりません。実際に見積もりをした場合に、どの部分から削っていくのかをいち早く決めていくことが可能です。

各ハウスメーカーの得意分野を知る

住宅を建築できるハウスメーカーは数多くあり、そのそれぞれに特徴があります。それぞれのメーカーにこだわりや得意分野があり、すべて同じ技術を有しているわけではありません。安全性の高い住宅を建てることを得意としていることもあれば、備える設備の選択肢が広いということもあり、また自然素材の住宅を建てることを得意としていることもあるでしょう。その得意分野と理想の家とが重なるハウスメーカーを選ぶと、後悔することも少ないといえます。

アフターフォローと相性の確認

業者の得意分野が理想と合致していたとしても、実際に業者の担当者と会ってみて相性が悪いのならば、依頼するのはやめる方が良いかもしれません。家を建てるということは長い期間かかり、その間ずっと相性の悪い人と顔を合わすことは嫌ですよね。相性が悪いと、注文をうまく伝えることもできないかもしれないので、さけるべきでしょう。また、業者の中にはアフターフォローをつけてくれる業者もあります。3年、5年と将来にわたって安心できる家に住みたい場合は、アフターフォローも考えて業者選びをするとよいでしょう。

複数の業者に見積もりを依頼する

複数の業者の中から決めることができないという場合には、複数の業者に見積もり依頼をしてから決めるという方法もあります。見積もりを出してもらい、最も納得のいく業者に依頼するとよいでしょう。

家族で暮らしやすい名古屋の注文住宅は通勤や通学に便利で、大型商業施設や公共施設などの近くに建ててもらうことがポイントです。