賃貸オフィスはメリットとデメリットがある!失敗しない選び方とは


賃貸オフィスを利用するメリット

賃貸オフィスのメリットは、何かと費用がかかる起業時の初期投資を抑えられ、安くオフィスを用意できるというところです。家賃や光熱費は必要ですが、オフィスを所有している場合と異なりメンテナンス費用も不要で、オフィスの管理業務も管理会社が行うことが多いので手間を減らすことができます。また、賃貸オフィスは会社の規模によって移動しやすいというのもメリットです。最初は小さな規模だったものの人が増えオフィスが手狭になったとき、建物を所有していると対応が難しいですが、賃貸ならより大きな場所に移ればいいので対応が楽です。

賃貸オフィスにはデメリットも

初期投資は安く抑えられる賃貸オフィスですが、ずっと家賃の支払いが発生するというのはデメリットにもなりますし、途中で賃貸料が上がって思わぬ出費となる可能性もあります。借りられる期限があるオフィスの場合、気に入っているのに契約の更新ができないとか、次のオフィスを探しても良いものが見つからないという事態が発生しないとは言えません。また、賃貸ではオフィスが不動産資産として残せないのもデメリットです。このように賃貸オフィスにはメリットとデメリットがあるものの、購入と比べた場合にどちらが有利とは言えるものではないので、最適なほうを検討して選択することが必要です。

賃貸オフィスの失敗しない選び方

賃貸オフィスの選び方でまず重要になるのが、不動産会社です。不動産会社によって紹介してもらえる物件が変わるだけでなく、情報量や仲介手数料なども変わるため、より良いオフィスを見つけるにはより良い不動産会社を選ぶ必要があります。大手の不動産会社は取扱件数が多く信用度もありますが、一方で地域密着な地元の不動産会社のほうが情報量が多いこともあるので、一つだけでなく複数の不動産会社を回って情報を集めることも大切です。

また、賃貸オフィスの立地も選び方のポイントです。一等地に住所があると会社の信用力が高くなる風潮があるため良いエリアを選ぶというのも方法の一つですが、そのエリアにどんな業種の会社があるのか、業務内容に適した環境があるか、なども考えておきたい要素です。来客が多いならオフィスへのアクセスも重要ですが、もし来客のことを考えなくて良ければ少々アクセスが悪い物件にすると賃料を安くすることもできます。

オフィスビルが適切に管理されているかどうかも、チェックしておきたいところです。エントランスや共用部の清掃が行き届いていないとか、郵便受けに郵便物が放置されているようなビルは、管理体制に不安がありますし、訪ねてきた人からの印象も良くありません。自身が借りるオフィスの部分だけでなく、全体的な印象も見ておきましょう。

港区で賃貸事務所開くときには、面積や立地、開設コストといった問題を解決してくれる専門サイトを利用すると便利です。