住宅を購入するときの土地選びのポイント!


土地選びは周辺の施設の状況も見ておこう

注文住宅や建売住宅、マンションなど、住宅には色んな種類があります。住宅を選ぶときは外観や内観、住み心地も大切なことですが、そこで長く生活を営んでいくわけですから土地選びも重視しなければいけないポイントです。マイホームやマンションがどれだけ優れていても、毎日の食事の買い物や生活用品を買う施設が近くになかったら不便に感じることもあります。お子さんがいるなら、周辺に保育所や幼稚園、学校などの施設があった方がよいでしょう。また、病気のときに通える診療所や病院が近くにあるか、銀行や郵便局があるかなど、土地を選ぶときはそれその家庭に必要不可欠な周辺の施設についても目を向けてみるとよいでしょう。

土地選びは周囲の環境も見ておくこと

ここで住みたいと思える土地が見つかったら、徒歩や自転車、車などで周辺をじっくり観察してみるとよいです。物件の近くは住宅地であっても、周囲の一帯に町工場のエリアがあったなど、あとから住んでみて後悔するような施設があるかもしれません。近くにゴミ焼却場があったりなど、そういった騒音やニオイの気になる施設がないかということもよく確認しておく必要があります。また、毎日の通勤や通学のために、住宅から最寄り駅までの距離のチェックをしておきましょう。実際に乗車して、混み具合や乗り換えの接続などを把握し、会社や学校へ通いやすいかも見ておきます。帰宅が遅い時間になることが多い人は、駅や周囲の治安状況も確認しておくとよいです。

SUZUKIのランディは、夜間の歩行者などを検知するエマージェンシーブレーキが搭載されています。ミニバンの中でも安価です。